リフォーム1

リフォーム

リフォーム1

今住んでいる家や部屋などの傷んでいる部分を直して長持ちさせたり、住む人の生活の変化に合わせて便利にしたりと大切な住宅に「より長く」「より快適」に住み続けるために行うのがリフォームなのです。
一般的にリフォームといったら何をイメージしますか?
カーテンを取り替えることだけでもリフォームだと思っている人もいると思います。 確かにどれもリフォームになるのですが、リフォームを大きく分けて、家の躯体に変更を加える増築と内装の模様替えやキッチン、浴槽などの設備の入れ替え、外壁の塗り替えといった、住む空間を豊かにするための修繕や維持工事などに分けられます。
近年の住宅リフォーム市場の成長を支えているのは、高齢化による冷え性対策の床暖房リフォームといった、増築よりも住空間を豊かにするリフォームの方が増えているみたいです。
リフォームを行う時に最も重要なことは、自分が何のためにリフォームを行うのかということで、そういったことを明確にしてからリフォームを行いましょう。
それに何がいるもので何がいらないものか、はっきりしていれば、リフォームに対する要望は自然とすっきりしたものになると思います。
逆に要望が明確ではない場合はここをああしたい、こうしたい、あそこも変えたい、といろいろと要望がでてしまい、予算オーバーになったり、さらにはリフォームをすることによって家のバランスが崩れてしまい、家の価値を下げてしまうこともありうるのです。
予算の問題もあるのですが、まずは何が今の家に対して不満なのか一度書き出してみると良いでしょう。

リフォームで快適空間を演出

そして、その上でリフォームをすることによって、具体的に何をどうしたいのか、例えば、あと3坪程度部屋を広くしたいとか、子供部屋を作りたいとか、家の中の段差を消したいとか、フローリングを床暖房にして壁紙も張替えて明るくキレイにしたいとか、システムキッチンに変えることで便利にしたいとか、一度書き出してみることをオススメします。
予算の問題はその次で、手持ち資金が不足する場合は工事内容を減らすか、又は部材の質を下げるとか行い、借入を検討するというような方向に進むことになるでしょう。 自宅を新築したり、分譲マンションを購入したりするのと自宅をリフォームすることには大きな違いがあり、ほとんどのリフォーム工事は自分の家に住みながらの工事を行うと思うので、リフォームの内容を検討しながらリフォーム会社を選ぶようにしましょう。
工事が始まるとリフォーム会社の営業の人ではなく、職人さんが直接自宅に来るので、キッチンリフォームの場合、今あるキッチンを取り外したりするので、音がうるさく、それにゴミやホコリも出るので、当然、部屋などは事前に整理整頓しておかないといけなく、キッチンの中のフライパンや鍋、包丁などもその工事を行っているときだけ、別の場所に置きかえることになります。
買い物に行きたいけど、職人の人だけ家に残して行くのは不安な方が多いと思います。 それに他人が長時間家にいるというのは結構なストレスになり、身内の主人が定年退職で家にいるだけでストレスがたまる奥さんが多いようです。
最初は1週間くらい大丈夫と思っていても、3日目ぐらいから段々イライラしてくると思います。
また、自分の要望が本当に職人さんに伝わっているのか、というコミュニケーション面でも心配になるので、リフォーム会社などに要望などをちゃんと言ってもらい、家に傷がないようしてもらいましょう。
しかし、どうしてもリフォーム工事を行うと新築工事とは違ってストレスが多いことは覚悟しておいた方が良いでしょう。

Valuable information

電解水素水
http://www.aquelasuiso.com/

Last update:2016/10/6

Copyright (C) 2008 REFORM. All Rights Reserved.

リフォームですっきり収納

 

リフォームとは

リフォームとは2

リフォームとは3

リフォーム業者

リフォーム業者種類

お問い合わせ