リフォーム3

リフォーム

リフォーム3

マンションリフォーム

マンションには共用部分と専有部分があって、共用部分は勝手にリフォームすることはできません。
間取りを変更したくても、マンションの構造によっては壁が共用部分のためできない場合もあります。
給排水管も共用部分のため移動させることはできませんので、キッチンやトイレなど水まわりの設備の場所を移動する際には十分な検討が必要です。
給排水管と距離があると当然、横管が長くなり、横管に勾配をつけないと水は流れないので床下スペースの確保が必要となります。
あまり横管を長くした場合、例えばお風呂で石鹸や髪の毛が横管に詰まり易くなるので色々と問題が出てくることもあるでしょう。
また、マンションは共同住宅なので、色々なルールが管理規約で決められており、例えば床をカーぺットからフローリングに変更したくても、下の階への音の問題で管理規約により禁止しているマンションもあり、変更できるものの床材の遮音性能レベルなどを規定しているマンションも多く存在します。遮音材や無垢フローリングなど床材について再度調べる必要が出てくる事もあります。
床暖房の設置についても、各住戸での電気やガスの使用可能量を管理組合に確認しないといけないので、マンションに住んでいる人は、まず最初に管理規約を読んで管理組合に相談してください。

 

リフォームの工事の追加

リフォーム画像3

新築と違い、リフォームするときは既にそこにある建物を一部取り壊して、新しく作り直すことになります。
このため、もちろん最初に調査は行うのですが、工事を始めて取り壊しを行って初めて分かる問題があるのです。
よくある例として、浴室のリフォームで浴槽を取り外したところ、今までの水漏れなどで床組みが腐っていたり土台が弱っているので、まず、その補修が必要となる場合があり、また、部屋のクロス(壁紙)を張り替えたところ、他の部屋の汚れが目立つことになったり、結局全部の部屋を張り替えるようなこともあります。
当然、追加工事で予算など追加になり、また工期も延びることになるので、リフォーム工事ではある程度、予算や工期などに余裕を持ってから行った方が良いでしょう。

 

check

最終更新日:2017/3/17

Copyright (C) 2008 REFORM. All Rights Reserved.

リフォームですっきり収納

 

リフォームとは

リフォームとは2

リフォームとは3

リフォーム業者

リフォーム業者種類

お問い合わせ